メンズ 冬コーデ

冬にオススメのレザージャケットの着こなしコーデ術

寒さが一段を身にしみるこの頃ですが、寒さを乗り切る為の防寒対策の準備はできていますか。

毎年来る、この冬に是非、ご紹介したいアイテムは「レザージャケット」!!格上のアウターでお洒落を楽しみ、寒い冬をレザージャケットを着こなし乗り越えてみませんか。

スポンサードリンク

レザージャケットとは!?

20161123023921066_500

画像引用元http://wear.jp/shogo0101/5737342/

着こなしに品格あるコーデを出すなら、アウター選びは重要ではないでしょうか。

そんな中オールシーズン着こなしできる「レザージャケット」インナー、アウターでもお洒落に演出が可能!!大人カジュアルを格上げしてくれる1着です。

レザージャケットの魅力について

20160810202537236_500

画像引用元http://wear.jp/bigi0095/7673574/

レザージャケットと言われるとロックバンドのミュージシャンやバイク乗ってる人などと連想するのではないでしょうか。

そのイメージは非常に多くの人が持ってるのは確かです。最近ではファッションアイテムの一つとして着こなす人が多くなっています。その為、幅広い年齢層に愛用されている必須アイテムになっています。

オールシーズ着ることができるし

20161211144411513_500

画像引用元http://wear.jp/yuya1026/8556064/

冬に着るならインナーにはタートルネックのセーターはお洒落ですね。

ジャケットが黒ならインナーのセーターは黒、白と統一感を持たせパンツも同様に黒の細身を着ることで、カジュアルにに着こせているのではないでしょうか。

20161112220044260_500

画像引用元http://wear.jp/sw969696/8451575/

オールシーズ着こなし可能なので季節が暖かくなってきたら、ジャケットのインナーは人気の「白シャツ」コーデではないでしょうか。

清潔感、爽やかさを演出してくれるコーデになっています。また、白シャツに限らずレザージャケットはどの組み合わせでも愛称抜群です。

シルエットがカッコいい

20161114221658830_500

画像引用元http://wear.jp/tetsu0808/8470749/

キャメルのレザージャケットにデニムのパンツのコーデはとてもバランス取れたラフな着こなしてはないでしょうか。

インナーには赤、黒のボーダーを着ることバランスがとても良く取れているコーデになりました。

クールでカッコいい大人の雰囲気を演出出来る!

20160814180600074_500

画像引用元http://wear.jp/jackrose002/7704288/

黒レザーに組み合わせるならインナーは「白シャツ」パンツは「ダメージデニム」はシンプルなコーデで!!

絶妙なメリハリの効いた仕上がりになっています。黒レザーを1着持ってるだけで、組み合わせは無限大です。

レザージャケットの着こなし術

20161210002350582_500

画像引用元http://wear.jp/bigi0138/8686622/

これからレザージャケットの着こなし術をご紹介します。是非、参考にこの冬に挑戦しようとしてる方には必見情報です。

組み合わせ次第で、雰囲気は全然違うと思います。

レザージャケット☓スキニー

20161104144146466_500

画像引用元http://wear.jp/genji/8375755/

全身ブラックでコーデ、パンツは「スキニーパンツ」足にピッタリした細身ある物を選びました。

黒を着こなすことで、大人の雰囲気出しを演出。あまり気取らず、ラフすぎない、ちょうど良いコーデに仕上がりました。

レザージャケット☓ジーンズ

20161012194635984_500

画像引用元http://wear.jp/object0110/8164230/

キャメルのジャケットにデニムのパンツは王道の中の王道ですね。

そこに赤のスニーカーを履くことで非常にインパクトを与えるコーデではないでしょうか。靴や時計などでインパクトを与えるアイテムを身につけるのもお洒落を演出できるのではないでしょうか。

2016.2017年冬のレザージャケットコーデ特集

画像引用元:http://wear.jp/atsushix/8697517/

黒のレザージャケットをメインに置いたコーディネート。通常ショート丈が多いレザージャケットだが敢えてここでは丈感の長いものをチョイス。

シンプルな着こなしを野暮ったく見せないようにバンドカラーのチェックシャツとノーカラーブルゾンの組み合わせで今時感を演出しています。

サイジング、配色にもこだわりきった技ありコーデです。

画像引用元:http://wear.jp/sasatoshi/8576719/

こちらはシングルライダースタイルのレザージャケットです。レザー関連では固く見えない印象のブラウン系になっています。更に洗い加工でユーズド感もあり着やすさと一体感を楽しめるジャケットになっています。

柔らかな印象なので、カラーパンツとの組み合わせは最高に良いと思います。又、ハットとのコーディネートもお洒落に仕上がるジャケットです。

画像引用元:http://wear.jp/nojima/8685673/

男の超有能ファッションアイテムの1つ、黒のレザージャケットです。男らしさを出しつつも派手すぎず、クール&ワイルドというような服ですね。季節的にも夏以外なら着れますし、男性なら1着持っていて損はないですね。

黒いスキニーと黒い靴でキリッとするのも良いですが、敢えてパンツや靴に色を入れることで、優しい雰囲気や明るい雰囲気を出すこともできますね。

画像引用元:http://wear.jp/bigi0138/8686622/

レザージャケットを開けて着ても閉じていてもパーツの金具がポイントになってくれる、オンオフ楽しめるスタイルになっています。

ベーシックな形であっても、スタッズなど派手な装飾がされていないので、ソフトハードな印象に仕上がっているのが特徴です。

同じようなブラック系のアイテムと合わせると、大人っぽくクールに決まります。

画像引用元:http://wear.jp/tomq2q/8693333/

一枚羽織れば男らしさ・無骨さを表現できる「レザージャケット」写真のコーデは王道のブラックのレザージャケットにカジュアルなシャツを合わせて着崩したスタイルです。

初めてレザーを買った人でも家にあるアイテムでオシャレ上級者っぽい雰囲気が出るのでオススメな合わせ方です。

その時のポイントはシャツ以外のアイテムはブラックに統一することですね。シャツが差し色な役目をしてくれるのでオシャレ度アップです

画像引用元:http://wear.jp/wearmtko/8688562/

ちょっとフォーマルな感じの、なかなかないデザインのレザージャケットが良いですよね。

スポンサードリンク

レザージャケットといえば、ちょっとロック感が強くなってしまいますが、こういった無駄な装飾の無いものは、シンプルに、そしてしっかりと存在感を示してくれる使いやすいレザージャケットなので、わりときれいめなスタイルが好みの方にもおすすめです。

画像引用元:http://wear.jp/sw969696/8671096/

少し短めの丈になっているのがマイウェイという感じで個性を発揮しているレザージャケットは、スリム系ファッションが得意、好きな方にはぴったりのサイズ感になっています。

ボディにしっかりフィットしますし、レザーの感じもちょっとテカリがある感じが、本来のレザー感を楽しみたいに人にはぴったりな素材となっています。

画像引用元:http://wear.jp/rawlife_roppongi1/8684506/

ハードすぎない、レザージャケット初心者にぴったりなレザージャケットだと言えるでしょう。

レザーブラウンと、えり加減もシンプルなので、スタジャンテイストに着用できるのがポイントです。特にロックな感じがあまり好きではないけどレザージャケットを着てみたいなんて言う方にはぴったりな、大人っぽい、そしてモードな印象のレザージャケットです。

画像引用元:http://wear.jp/genji/8159157/

こちらは今年も大人気のレザージャケットです。

光沢感があるレザージャケットはジーンズやジョガーパンツといった今風のファッションで合わせるとよりオシャレ度がUPします。色はブラックが多いので写真のようにモノトーンで全体をしめてあげるといいでしょう。

流行を問わず着れるのでどなたでも気軽に着ることができる商品だと思います。

画像引用元:http://wear.jp/tagutism25/8680908/

黒のレザージャケットに赤の大きめのチェックのボトムス。甘さも可愛さもありつつ、首元は襟でしっかりとまとまっているコーデです。トップスはブラック、靴もブラックで、赤のボトムスが差し色でポイントです。

首元のネックレスもゴツゴツしすぎずシンプルなデザインです。シンプルなモノたちが上手く混ざりあったファッションです。

画像引用元:http://wear.jp/exnaoto/8696405/

こんなレザージャケットさえ着ていれば、すべてのスタイルがハードクールに決まりますよね。

しかも、このレザージャケットは基本のブラックと、基本のフォルムになっているので、どんなファッションとも相性抜群です。

シンプルスタイルに合わせれば、アクセントになりますし、ハードなアイテムと合わせればロックテイストに仕上がります。

画像引用元:http://wear.jp/rk1204/8680751/

今年夏に流行った裾出しレイヤードとレザージャケットを組み合わせたコーデです。

ゆるめのカットソーとロング丈インナーの着丈のバランスが重要になってきます。

写真ぐらいがベストですね。ボトムスはレザージャケットにはスキニータイプが王道ですが、今年はストレートからワイドパンツでもバランスを合わせることによって今っぽさを出す傾向もあります。

画像引用元:http://wear.jp/s44b193f/8689103/

全体的に無地で、シンプルなコーディネートになっています。

無地なのでとてもシンプルに見えますが、レザージャケットを羽織ることにより、キリッとした印象になりますし、一気におしゃれな雰囲気になります。

また、レースアップシューズを履くことによって、きちんと感もプラスされます。シンプルながらも、レザージャケットが効いた、大人なコーディネートです。

画像引用元:http://wear.jp/genji/8375755/

一見シンプルに見えるけども、実はジップの使い方など、細かい所にまでおしゃれを極めたレザージャケットがこちらになります。

えりは少し経った感じのものになっているので、シックにもハードにも見える、二面性を楽しめるものとなっています。

ブラックコーデにしてもジップのメタル感がアクセントになるので、重すぎない印象となります。

画像引用元:http://wear.jp/orange8yt/8591848/

これぞ上品レザージャケットともいえる、シックでハードな感じがほとんどないものとなっています。

デニムやカラーパンツに合わせてもカジュアルすぎず、ちょっと大人な感じに仕上がるのがおすすめです。

ボディにフィットするタイプのものなので、ぼてっとした感じには見えず、スレンダーな印象を与える形のきれいなレザージャケットとなっています。

画像引用元:http://wear.jp/loungelizardosaka/8666898/

このレザージャケットは、形がシンプルでおしゃれな仕立てとなっており、どんな服装にも合わせやすいです。寒い冬にも風を通しにくく、下にセーターなど厚手の上着を着てもそこまで響かなく、スタイリッシュに着こなすことができます。

もちろん、レザーなのでどんな時季にもファッションに取り入れやすく、秋から冬、春にかけて活躍すること間違いなしです。

画像引用元:http://wear.jp/wear0830/8654542/

ハードやTシャツ、ジーパン、スニーカーやリュックといった、カジュアルな要素多いコーディネートですが、レザージャケットを羽織ることによって、少し辛口の印象になり、男らしさとおしゃれさがプラスされます。

また、メガネを加えることによってはずしの効果もあり、知的な印象も加えることができます。小物使いが上手いコーディネートです。

画像引用元:http://wear.jp/mixnutsjam/8671260/

レザージャケットとダメージジーンズが印象的な、ロックなコーディネートになっています。

この2点はかなりロックな印象なのですが、靴をあえてスニーカーにしてはずしたり、インナーを赤にして差し色にしたりと、かっちりとキメ過ぎないところもポイントになっています。

また、髪型もコーデに合っていて、独特な雰囲気を醸し出しています。

画像引用元:http://wear.jp/mizuki11111/8676992/

シンプルなレザージャケットです。若い子が着ているイメージが強く思われがちですが、歳を問わず着れると思います。また、ボトムも、ジーンズやチノパンなど、幅広く合わせられると思います。

色も派手ではない為場所やシーンも選ばず、デートや通学、飲み会など、日常的に使用出来る一着なので、持っていて損はないと思います。

画像引用元:http://wear.jp/kaijyu0411/8704339/

ブラックのレザージャケットを持っている人が次チャレンジするべきはベージュのレザージャケットですね。

メンズの男らしさは出しつつ中性的な柔らかい色合いが組み合わさってますので変化をつけるのにおすすめです。写真は白とグレーのインナーを重ねて男らしさをアップさせてます。ボトムスはダークグレーとブラックでシックにまとめてトップスとのメリハリをつけています

まとめ

今回は「レザージャケット」の魅力から着こなしをご紹介しました。

この冬に挑戦したい方は是非、参考にしてください。オールシーズンに活用できるので、季節ごとに楽しめるのではないでしょうか。1着は持ってるだけで、重宝するのは間違えないと思います。

オススメ記事



スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP