春のメンズ・人気のミリタリージャケットコーデ特集

今回は、春のメンズの人気のミリタリージャケットのコーデをご紹介します!ミリタリージャケットの着こなしは難しいといったイメージがあるかもしれません。

ここでは、ちょっとした着こなしのポイントを解説していますので、是非コーデの参考にしてみてください♪

スポンサードリンク

ミリタリージャケットとは!?

春 ミリタリージャケット メンズ

画像引用元:http://beststyle.me/blog/outer/fall-winer-mens-fashion-popular-coordinate

ミリタリージャケットって聞いたことがあるけど、どんなアイテムなのかわからない!といった方のためのミリタリージャケットについてご説明します。ミリタリー(military)とは、軍隊を意味する言葉です。ミリタリージャケットは、軍人が着用していたジャケットを指します。

細かい定義があるようですが、基本的には陸・海・空軍を全部まとめてミリタリーと考えてしまって良いと思います。ミリタリージャケットの主な特徴としては、保温性が高いということです。

ミリタリージャケットは種類がたくさんあるので、このあと見ていくことにしましょう。

ミリタリージャケットの人気や口コミ

ミリタリージャケットの種類とおすすめ!

春 ミリタリージャケット メンズ

画像引用元:https://otokomaeken.com/mensfashion/3944

ミリタリージャケットは細かく分けるとたくさんの種類があります。今回は、最近のトレンドや人気のミリタリージャケットをピックアップしました!

この春におすすめの3種類をご紹介します♪

人気ナンバーワンのMA-1

春 ミリタリージャケット メンズ

画像引用元:http://vokka.jp/4852

近年ミリタリーアウターの中で一番人気が高いMA-1。MA-1は、フライトジャケットの一種です。色は、カモフラージュの意味合いから緑が主流となっています。

一番の特徴は丈の短さです。また、体にフィットしスタイリッシュに着こなせるつくりになっています。ファッション性、防寒性に優れたアイテムとなっています。今年も注目度ナンバーワンのアイテムです!

男らしいM-65

春 ミリタリージャケット メンズ

画像引用元:http://wear.jp/item/5226683/

M-65はMA-1に次ぐ人気のミリタリージャケットです。

M-65はアメリカ軍の野戦用ジャケットで1965年に採用されたことからM-65と呼ばれています。特徴は前面に4つのフラップ(ふた)付きポケットがあり、男らしい印象を与えます。

安定した人気のモッズコート

春 ミリタリージャケット メンズ

画像引用元:http://mensfashion-next.com/archives/2031

今や男女問わず安定した人気を誇るモッズコート。アメリカ軍の「極寒地任務用」に作られたコートです。1951年に採用されたことからM-51とも呼ばれます。

特徴は大きなフードと長い丈、そしてフィッシュテールとも呼ばれる後ろの裾が尖って割れてる形状です。色はやはりカーキーが主流ですね。

春 ミリタリージャケット メンズ

画像引用元:http://www.rroomm-hp.com/new-arrivalmens/16963.html

春のメンズファッション!人気のミリタリージャケットコーデ特集

601

画像引用元:http://wear.jp/50180518/8574966/

流行りのカーキのミリタリージャケットを主役に使ったコーディネート。

デニムにスニーカーと一見カジュアルなスタイルですがサイズ感はタイト目にすることでキレイ目な印象になります。

インナーの丈感は長めにしてショート丈のブルゾンと差をつけることで今っぽい着こなしに。デニムのクラッシュ加工がシンプルな着こなしの中にちょっとしたアクセントとして効いています。

602

画像引用元:http://wear.jp/akg9ame/8486077/

冬の定番であるチェック柄シャツにミリタリージャケットを羽織ることで防寒もしっかりして一気にこなれた雰囲気が出ます。全体的に黒色が多いのでジャケットを薄い茶系の秋冬らしい色にする事で見た目も重くなりません。

短めのパンツ丈に艶のあるショートブーツの組み合わせはワンランク上の遊び心ありながらも大人な男性ファッションになります。

603

画像引用元:http://wear.jp/ptcww003/8584837/

こちらは少し個性的なデザインのミリタリージャケットです。インナーにグレーのパーカーをインしてフードを出すことで、カーキ色の持つミリタリー感を和らげてくれます。

また、白いパンツが、暗くなりがちなミリタリージャケットのコーディネートを明るく仕上げて、さらに差し色のブルーをハットで取り入れた、かなり上級者向けのコーディネートです。

604

画像引用元:http://wear.jp/ryoryo711670622/8595392/

カーキのミリタリージャケットは、モノトーンコーデに映える旬アイテム。ラフな雰囲気で着こなせるので、大人のカジュアルコーデに欠かせません。足元にローカットスニーカーを合わせ、スヌードでポイントを作ってさりげなくおしゃれ感をアピールするのがポイント。

ミリタリージャケットのインナーにパーカーなどを重ね着してもカッコよく決まります。

605

画像引用元:http://wear.jp/sou0211/8575926/

こちらは、ロング丈のミリタリージャケットです。 薄めの色みのジーンズと合わせて、定番のコーディネートになっています。足元は、暖かそうな黒のムートンブーツ。同じく黒でハットとスヌードをプラスして、アイドルの私服風のコーディネートになっています。

可愛いTシャツをインナーにして、ハードになりがちなミリタリージャケットのコーディネートを、うまく着崩しています。

606

画像引用元:http://wear.jp/downey1209/8462041/

今年大流行りのミリタリージャケットです。こちらは定番色のカーキですが、パンツとスニーカーを黒に合わせて、キレイめカジュアルに仕上げています。ミリタリージャケットの素材感も、意外ときれいめスタイルにマッチしていて、明日からでも真似できそうなコーディネートになっています。

今年は、ハードなアイテムにベーシックな色やシルエットのものを合わせるのがトレンドです。

607

画像引用元:http://wear.jp/sasatoshi/8549359/

落ち着いた印象のコーディネートは、ミリタリージャケットの腕のジッパーのシルバーがいっそう引き立つコーディネートになってます。

ミリタリージャケットのかっちりした印象のおかげで、足元のスニーカーとリュックのカジュアル感がラフで子供っぽくなりすぎず、見る人を緊張させないスタイルです。

ディティールのバランスにカラーのバランスが合わさった絶妙なスタイルです。

608

画像引用元:http://wear.jp/kasaryo/8537257/

寒くなるこの時期にピッタリなミリタリージャケット。ブラックなので子供っぽくなりすぎず、カジュアルライクな大人コーディネートに仕上げてくれます☆

スポンサードリンク

また、写真のようにトップスに差し色を持ってきてもとてもおしゃれですよ!

いつものコーディネートに1枚プラスするだけで一気に流行を取り入れることができ、ワンランク上のコーディネートに!

609

画像引用元:http://wear.jp/ajtp25jm789/8582125/

生地が薄すぎず厚すぎないので、春から秋には上にはおりものとして、冬はコートの中にインナーとして着ていただけます。カジュアルな場面で季節をとわずに活躍まちがいなしのミリタリージャケットです。

爽やかな若草色で、ベーシックな茶系やモノトーンのコーディネートにも差し色として使えますので、クローゼットに加えるとファッションの幅が広がる一枚です。

610

画像引用元:http://wear.jp/daaaa32/8447496/

今年はやりのグレーパーカにミリタリージャケットが組み合わされているコーディネートです。男性にもオススメのコーディネートですが女性がしても可愛いコーディネートですよね。男女共にどちらが来てもオススメなのでカップルでおソロコーデとしても活用可能ではないでしょうか。

このコーディネートのさらにポイントはミリタリージャケット、パンツ、スニーカー、リュック、帽子の色が統一されてるところがさらにポイントですね。

611

画像引用元:http://wear.jp/5846/8593700/

大人のミリタリージャケットコーディネートです。色味は定番のカーキですが、ボトムスに同系色のダメージデニムをチョイスしていて、かなり上級者です。インナーも同系色にまとめていてスッキリ、着ぶくれしてゴワゴワしがちなミリタリージャケットを、スマートに着こなしています。

ポイントは白のスニーカー、同系色コーデが、白が入ることで一気に爽やかな大人のミリタリーになっています。

612

画像引用元:http://wear.jp/namaritetu3/8583531/

もともとは陸軍など軍の部隊が着ていたものがミリタリージャケットでした。最近ではワイルドな男を演出出来るアイテムとして人気です。着ているだけでワイルドに見えるので頼れる男として女子からモテモテなこと間違いなし。

草食系男子も一枚持っているといざというとき役に立つミリタリージャケット。今年の冬一枚入手してみてはいかがでしょうか?

613

画像引用元:http://wear.jp/goldmountain/8559545/

こちらは人気の高いミリタリージャケットです。インナーに普段使いのアイテムをもってきても、この1枚が見事にワイルド感を演出します。男性らしい存在感を一瞬で放つので、あなたの優しさをさりげなくアピールしたい日にもおすすめです。

着回しがきく色味なので、あなたのお気に入りのパンツと合わせて、全身コーデをぜひ楽しんで。

614

画像引用元:http://wear.jp/goldmountain/8559568/

クールな表情を持つレザータイプのミリタリージャケットは、モードスタイルに欠かせないアイテム。モノトーンコーデに合わせれば、海外のファッショニスタを思わせる着こなしが完成。白のローゲージニットとグレーのスキニーデニムを大人のムードたっぷりに演出してくれます。

旬の白スニーカーとニット帽でカジュアルダウンさせるのがポイントです。

615

画像引用元:http://wear.jp/wear9020/8358370/

ブルゾンテイストがおしゃれなミリタリージャケットは、コーディネートしやすいソフトなベージュカラー。着心地は軽く着脱はファスナー仕様なので、毎日のアウターとしてもピッタリです。袖についたデザインポケットやリブ部分の色もポイントに。

旬なスウェットパンツやスニーカーを合わせれば、今年らしいきれいめカジュアルが完成します。

616

画像引用元:http://wear.jp/9631hk/8547981/

このミリタリージャケットの中のパーカーの色なのですが薄い青の色が合うと思います。そして中のシャツの色を薄い緑色にして下のパンツも薄い青のジーンズにした方が上のミリタリージヤケットに合うのではないかと思います。

そして帽子なのですが青のニット帽にした方が明るめのイン仕様になるのではないかと思います。コーデの仕方もいろいろありますがどうでしょうか。?

617

画像引用元:http://wear.jp/murajun05/8570718/

今シーズン人気のミリタリージャケットは、コーデをおしゃれに演出するためのマストアイテム。軽くて風を通しにくいので一枚あると便利なアウターです。シックな色合いをベースに赤いチェックのストールを腰にプラスすれば、人と被らない上級者コーデに。

キャップやスヌードなど、他の小物を黒で統一することで落ち着いた印象を添えることが可能です。

618

画像引用元:http://wear.jp/takeue/8556704/

軍事服を思わせるデザインや意味を持った洋服ですよね。ミリタリージャケットって男女共に着れると思うんですけど、軽いですよね。寒さや肌寒さを緩和する感じの着心地だと思うんですけど、たまにコーディネートとかに一指し加えると便利ですよね。

色もカーキとかモスグリーンとかピンクとかもありますし、アースカラーを思わせる色が揃ってますよね。

619

画像引用元:http://wear.jp/kensuke0701/8550421/

黒のミリタリージャケットはシックな着こなしに最適です。シンプルなTシャツとパンツのコーデにプラスするだけで、今旬スタイルに。寒い日にピッタリのニット帽はオレンジ色をチョイスすることで、おしゃれのポイントに。

さらに黒いスニーカーを「足首見せ」で取り入れれば、こなれた雰囲気のカジュアルスタイルを演出できます。

620

画像引用元:http://wear.jp/kairuclimber/8575023/

カジュアルコーディネートには今やかかせない、ミリタリージャケットです!これからの寒い季節にぴったりな着丈が長めのデザインです。細身のボトムでスッキリと見せると、カジュアルすぎないキレイめコーディネートも楽しめます。

定番のカーキは合わせやすく、インナーで差し色をするのもおすすめですので自分らしいファッションを色々見つけてみてはいかがでしょうか!

まとめ

春 ミリタリージャケット メンズ

画像引用元:https://matome.naver.jp/odai/2137458800430606001

今回は、メンズのミリタリージャケットの着こなしをご紹介してきましたがいかがだったでしょうか。メンズファッションの中でも毎年人気の高いミリタリージャケットですので、今年も注目されるアイテムです。

今回のコーデを参考に、是非ご自身のコーデに取り入れてみてください♪最後までご覧いただきありがとうございました!

オススメ記事



スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP